Google二段階認証の設定

Googleアカウントを新調したので、ついでに2段階認証の設定をしてみました。せっかくなのでその方法を解説してみます。

2段階認証という単語を聞いたことのある方は多いと思います。
Androidスマホのみを利用している方だと、普段アカウントを意識することがほとんどないためイメージがしづらいかもしれませんが、Googleアカウントはメールアドレスとパスワードさえ知っていればインターネット経由でログインすることができるのです。「誰でも」「どこからでも」です。

これは便利な反面、同時に侵入のリスクを抱えています。このリスクを低減するのが二段階認証と呼ばれるもので、普段の認証の後にもう一度認証を挟むというシンプルな仕組みです。認証と言っても覚えるパスワードが増えるということはありません。

設定に移ります。設定はスマホからでもできますが、パソコンの方がやりやすいです。

設定の開始

まずGoogleのセキュリティ設定から2段階認証プロセスの設定にアクセスします。

02-1

続いて「設定を開始」を選択。

携帯端末の設定

2段階認証を設定するには携帯電話が必要です。

正確に言うと携帯電話というより「携帯電話用の電話番号」か「携帯電話用のメールアドレス」ですね。

私の場合、普段キャリアメール(ドコモ・AU・ソフトバンクなどのメール)は使用していないため、電話番号により認証することにしました。

コードを送信するとGoogleから非通知で電話がかかってきます。
機械音声のお姉さんが教えてくれたコードを入力し、確認ボタンを押します。

(メールアドレスの認証の場合、コードが書かれたメールが送られてきます)

07-1

信頼するパソコンの登録

今操作しているパソコンを信頼できるパソコンとして登録することができます。
信頼できるパソコンとして登録するとこのパソコン(スマホ)からであれば毎回コードを入力する必要がなくなります。
08-1

確認

最後に、二段階認証を有効にしてよければ「確認」ボタンを押します。

10-1

以上で二段階認証が有効になりました。
次のページでログインについて解説します。

1 2 3