WordPressのリビジョンを掃除しました

WordPressは記事を保存するたびに履歴をリビジョンとして保存してくれます。いつでも前の状態に戻せて便利ですが、MySQLのレコードとして保存されるため検索速度を招くおそれがあります。またバージョン管理システムとは違い差分が保存されるわけではないため結構ディスク容量も圧迫してしまいます。

定期的にバックアップを取っているため全体的な容量を少なくしたいというのもあり、溜まったリビジョンを削除することにしました。

WordPressではこのリビジョンを削除する機能がデフォルトで搭載されていないため、プラグインによって補う必要があります。

Better Delete Revision

以下のプラグインを導入することにしました。
wordpress-revision-1

インストールするとサイドメニューに「Better Delete Revision」という項目が追加されます。

wordpress-revision-2

「Check Revision Posts」ボタンを押下するとリビジョンをもつ記事が表示されます。
リビジョンを削除する場合は左の青いボタンを押します。

wordpress-revision-5

リビジョン数を制限する

wp-config.phpに以下を追記することでリビジョン数を制限することができます。

define( 'WP_POST_REVISIONS', 3 );
  • true, -1を指定した時はすべてのリビジョンが保存される
  • false, 0を指定した時はリビジョンを保存しない
  • 1以上の数値を指定した時はその数までのリビジョンしか保存されない

参考: http://wpdocs.sourceforge.jp/リビジョン管理