フレッツ光からOCN光(光コラボ)に転用した話

この記事は読むだけ時間の無駄かもしれないので十分注意してください。あとアイキャッチはフリー素材に決まってるので突っ込まないでください。そもそもなんで記事にしたんだという話も受け付けていません。

先日、諸事情によりフレッツの契約を変更しました。
そのタイミングで「OCN光に転用手続きをすると月々の利用料金が安くなる」といういい男の口車に乗せられ ありがたい情報をいただいたので「男は度胸、何でも試してみるのさ」ということでホイホイと転用をしてしまったのである。

転用手続きってのがどういうものかというのはフレッツ光→OCN光へ転用手続きしてみた – ぽぽづれ。さん や FLET’S光さん の公式に書かれているので、私がだらだら説明しても蛇足というものでしょう。というかリンク先を見てわかればこの記事なんぞ全然見なくてOKです。完全に二番煎じですし。せめて違う業者にしろよってかんじですね、でもやっちまったもんはしょうがないのです。

概要をできるだけ簡潔に書きます。
今回やることはOCN光という光コラボレーションという仕組みを利用した利用者回線への移行です。
これにより支払いが一本化され、利用料金も安くなり、お肌もツルツル、恋人もできて、年収も上がるというわけですね。スゴイ!

じゃあ光コラボは何かっていうと、フレッツ回線の再販です。
自身の利用者回線を持たない業者にフレッツ光が再販許可を出しているという構造はMVNOと似ていますね。OCNはMVNO業者でもあるけどそれはちょっとだけ別の話。

転用する上での注意点

フレッツを利用していること

転用手続きでは既存の回線を利用するため、もともとフレッツを利用していることが前提となります。
OCN光に関しては「光」回線なのでフレッツ光を既に契約している人が転用の対象です。(他の回線での転用はあるかしらない)
OCN光自体は新規でも申し込めるのでそこは勘違いしないでくださいね。この記事はあくまでフレッツ光からの転用について書いています。

フレッツのオプションサービスに対応していること

例えば「ひかり電話」や「フレッツ・ウイルスクリア」といったフレッツのサービスに転用先の業者が対応しているかどうかということです。

OCN光に関していうと「ひかり電話」「フレッツテレビ」には対応しているようですが、「フレッツ・ウイルスクリア」はわかりません。
もし対応していないくて、どうしてもフレッツ・ウイルスクリアを使いたいんだ!という人はこれだけはNTT東日本との契約になるのかな?
どうせフレッツ・ウイルスクリアなんて中身ウイルスバスターなんだからさっさと変えちゃえばいいのよね

前口上はこのくらいにしましょう。やるべきことは大きく分けて2つあります。
tenyou0

フレッツから転用承諾をもらう

情報を準備する

手続きにあたり必要な以下の情報を用意してください。

https://flets.com/tenyou/

  1. お客さまID、ひかり電話番号もしくはご契約者さまの連絡先電話番号
  2. ご契約者様名
  3. フレッツ光ご利用場所住所
  4. フレッツ光ご利用料金のお支払い方法

上記情報はNTTから貰う「重要事項説明書類」って書類の「お客さま情報」に大体書いてあります。
それを捨てるなんてとんでもない!(←なくした人)

手続き内容を確認する

NTT東日本でのお手続きを読んで、内容に問題がなければ「同意する」にチェックをして「次へ」。ちゃんと下までスクロールしないとチェックできないようです。最近こういうUI増えてるんですか?

電話(0120-140-202)で手続きする方法もあるようですが、この記事ではWeb上で手続きしていきます。電話で手続きする場合も内容はよく確認してねってことです。

Webで手続きする場合、受付は8:30〜22:00までとなっているようです。思いっきり真夜中にやろうとしてましたが。

お客様情報の入力

以下の入力項目を埋めていきます。
tenyou1

現在のお支払い方法に関しては書類には書いてないかもしれませんが、気合で思い出してください。クレジットカードで支払っている場合は明細にNTTって書いてあると思います。あとはネットバンキングで支払い履歴を見たりですね。

転用承諾番号発行お知らせ送信先メールアドレスには自分が使ってるメールアドレスを入力してください。プロバイダのメールアドレスじゃないといけないとかそういうことはありません。
あと、但し書きされていますが転用承諾番号はメールには記載されないので、自身で控えるなり何なりしてください。

終わったら「次へ」

入力内容の確認

tenyou2
問題なければ「お申込み内容を送信する」

お申し込み完了

tenyou3

申し込み結果が表示されます。転用承諾番号はここにしか表示されないので忘れずにメモりましょう。「うわーん、間違えて画面消しちゃったよー」という人は再度申し込みましょう。
この番号は15日間有効とのことです。有効期限が記載されているのでよくご確認ください。

転用手続きする

公式サイトで言う「光コラボレーション事業者様でお手続き」という2つ目のステップです。

ちなみに光コラボをやっているプロバイダはOCNだけじゃありません。ぷららとかIIJmioとかね。
大抵の場合MVNOの請求とセットにできるみたいなんで、現在使っているSIM等も考慮に入れて選ぶとよいでしょう。

今回私がやったのはOCNというわけです。

申込開始

OCN光のサイトから「お申込み」にアクセス。

説明・約款をよく読んだ上で、同意できればチェックして「同意して申し込む」をクリック。

申込内容入力

転用承諾番号を含め、以下の入力項目を埋めます。

tenyou4

私の場合、この時点でOCNと契約を開始していたので現在のプロバイダをOCNとしています。
そうでない場合は新規で契約になるんだと思います(勘)。

終わったら「申し込む」をクリック。

申込完了

tenyou5

内容入力で希望した時間に電話がかかってくるようですが、多分すぐにはかかってきません(今だにこないし)。

転用手続きは2〜3週間かかるとのことなので、気長に待ちましょう。