RundeckのJobをGitで管理できると聞いて

SCM機能を使ってみる

コミット & PUSH

適当にジョブを作ってアクション的なプルダウンを開くと、「Commit Changes to Git」があるのでクリックします。
commit-message-prod

コミット対象のファイルにチェックを入れ、コミットメッセージを入力して、Commitを押します。
「Push Remotely?」にチェックが入っているとコミットした瞬間にPUSHされます。

ここでPUSHしなくても「Job Actions」のプルダウンからPUSHできるので安心してください。Tagの設定なども行えますがわからない人は無視していいです。
push_to_remote

PUSHに成功するとこんな感じ。
push_successfully

同じようにdevにもジョブを作ってPUSH。GitHubにちゃんとブランチも作られてました。
github_branches

コミットをもとにロールバックする

今回の本丸です。これができなければ上記をやってきた意味がありませんね。

たとえば、説明文を「aaaa」に変えてしまったとします。
job-diff

(差分[Diff Changes]から閲覧できます)

この状態から戻すには「Import Remote Changes」です。
detail_aaaa

remote_import
から戻すべきファイルを選択して、「Import」。
これで元に戻りました。
remote_import_successful

たとえ、ジョブを削除してしまった場合でも、差分は出るので同じように元に戻せます。
delete_changes

以上です。お疲れ様でした。

1 2